No.31 長崎県 魅惑の島 対馬初上陸 バリトン歌手 佐野正一

目次

長崎県 魅惑の島 対馬初上陸

対馬市三宇田浜の白浜

B級グルメ「とんちゃん」

B級グルメ銀賞の「とんちゃん」 写真提供:(一社)長崎県観光連盟
長崎県公演の最後のシーズンに、
初めて対馬に歌いに行ってきました。

福岡空港から、対馬やまねこ空港へ飛び、
対馬市交流センター、対馬市公会堂、
上対馬総合センターと公演をしました。

対馬は、福岡県よりも韓国に近いため、
韓国からの観光客も多く、
町のほとんどの看板にはハングル文字が
書かれていました。

ただ、韓国の方はしっかりしているそうで、
あまりお金は落とさないとのことです。

島の北端の上対馬総合センターでの前日、
夕食を取るために町を歩いたのですが、

ほとんどのお店が閉まっていて、
夕食が食べられないのではないかという
不安に襲われました。

やっとのことで、
B級グルメで有名な「とんちゃん」専門店の
野暮天というお店を見つけ、
入ることにしました。

お店に入ると、ご主人がいらして、

「うちで食べるの?まだ、片付いてないよ」

と仕事をしたくない様子、

ここで食べないと後がないと思い、

「大丈夫です。片づけますから」

と、みんなでさっさとテーブルを拭き、
コンロを設置、お皿を用意、

ビールサーバーから、
生ビールをグラスに注いで、
食べる準備に入りました。

流石、B級グルメ銀賞の「とんちゃん」は、
美味しかったのですが、
それにも増して、椎茸が美味しくて、
感動をしました。

個性的なご主人でしたが、意気投合して
大盛り上がりをしました。

翌日、野暮天のご主人が、
上対馬総合センターでの公演に、
わざわざいらしてくださり、

絶賛した椎茸を差し入れてくださいました。
ありがとうございました。

旨味の詰まった肉厚の対馬の椎茸は絶品です。

三宇田浜

対馬市三宇田浜の透き通った海
演奏終了後、飛行機の時間まで
時間がありましたので、
対馬観光をしました。

まず、近くの三宇田浜へ行きましたが、
あまりにも、砂浜と海が美しくて、
感動してしまいました。

韓国展望台

次に向かった韓国展望台では強風でしたが、
素晴らしい景色が目に焼きつきました。

その流れで対馬野生生物保護センターへ行き、
ツシマヤマネコを観ました。
(寝てましたが…)

和田都美神社 烏帽子岳 万関橋

その後、
広島の厳島神社のように海の中に鳥居がある
和田都美神社、

素晴らしい烏帽子岳からの景色を眺めて、

万関橋を通り、対馬空港に向かいました。
万関橋 写真提供:(一社)長崎県観光連盟

万関橋 明治後期、南下政策をとるロシアとの戦争の機運が高まり、日本海軍は水雷艇を対馬海峡東水道に出撃させるため、明治34年(1901年)、久須保水道(万関瀬戸)を開削しました。この万関橋は、その開削された瀬戸に架かり、対馬の上下島を結んでいます。

空港に到着して、飛行機を待っていると、
乗るはずの飛行機に雷が落ち、
欠航となるとのアナウンスがありました。

そのため、
長崎に戻るのが最終便になりましたが、
戻れましたから、良い方でしょう。

旅行をすると何かが起きます。

対馬での演奏旅行も、
思い出一杯の素敵な演奏旅行になりました。
音楽活動の思い出へ

コロナ前のHPは、こちら

この記事を書いた人

コロナウイルス禍の中、
発声方法を中心にしたサイトを
立ち上げました。

こんな時期ですから、
独学でできる歌の勉強を
してみませんか?

長年の経験を生かし、
全力で応援します。

コメント

コメントする

目次
閉じる