No.13 不安定な世界へ バリトン歌手・合唱指導者 佐野正一

No.13 不安定な世界へ

不安定な世界へ


とても変なことを言うかもしれませんが、

声を出した後に、
安定させないようにすると、
声が解放され生き生きしてきます。



日本人は、農耕民族で、
群れて、村になり、
その土地に固執してきました。

静的な感覚が強いのです。

ですから、
狩猟民族で動的な感覚を持つ、
西洋人に比べ、

その場に止まり、安定したいというDNAが、
強いのだと思います。


音楽は時間の芸術です。


私たち日本人に起きやすい現象として、

時間の芸術であるはずの歌を歌わせると、
よく音を止めてしまい、

時間を流れなくしてしまいます。

その様な音は、
聴いていてすぐに眠くなってきます。


逆に、声を出す時に、
音を安定させようと思わず、

不安定な方へ不安定な方へと誘導し、
その状態で声を出すようにすると、

とても声や意識が動くようになり、

結果、息もスムーズに流れ、
声も良く響くようになります。


慣れると心地よい感覚の世界なのですが、
最初は居心地が悪いかもしれません。


普通の生活においても、
不安定になると生命の危機を感じますので、
神経が入り、集中力が増します。



理解しにくい話しかもしれませんが、

音楽を長く続けていくと、
とても大切な事だとわかってきますので、

どこか頭の片隅にでも入れておいて下さい。


アドバイス 目次
コロナ前のHPは、こちら

コメント

コメントする