宮崎県 椎葉村での土砂崩れ バリトン歌手・合唱指導者 佐野正一

宮崎県 椎葉村での土砂崩れ

8月に思い出のブログで、
宮崎県の椎葉村のお話を書きましたが、

先日の台風10号の影響で、

宮崎県の椎葉村で土砂崩れが起きたと
ニュースで放送されていました。

椎葉村は、素晴らしい自然に囲まれた
村ですが、

椎葉村へ続く道は、道幅が狭く、
車一台しか通れないような場所が
たくさんありましたので、

救出作業も大変なのだと思います。

被災された方々は、村の人にとって
家族ぐるみの付き合いだと思いますので、

早く発見されることを祈っています。



九州の台風での被害といえば、

昔、台風の影響で川の水かさが増し、
土手を削っていく川に

鹿児島市の学校の体育館が、
流されていく映像をTVで見て、

印象に残っていたのですが、


数年後、偶然にも、
その学校に演奏に行く機会がありました。


校長室には、その時の写真が壁に掛けられ、
体育館は、川から逆の場所に
再建されていました。

演奏中の記憶は残っていないのですが、

その日は天気にも恵まれ、
とても気持ちが良かったので、

再建された体育館横の
コンクリートの階段に座り、

川向こうの青々と生い茂った山を見ながら、
のんびりとお昼のお弁当を食べました。

「こんなに自然に恵まれた
 素晴らしい場所が、

 台風によって一変してしまとは
 恐ろしいなことだな」

と思った記憶があります。


夏の酷暑、台風など、
年々、自然が厳しくなっています。

新型コロナウイルスだけではなく、

この厳しい自然とも共存をして
行かなければなりませんので、

精神的にも、肉体的にも、
無理をしない様にして、
生活をして行きましょう。



日々のつぶやき 目次
蓼科 ビーナスラインからの風景
コロナ前のHPは、こちら

コメント

コメントする