No.23 長崎県 五島列島 小値賀島へ バリトン歌手 佐野正一

目次

長崎県 五島列島 小値賀島へ 

佐世保から高速船シークイーン Sea

高速船シークイーン Sea 写真提供:(一社)長崎県観光連盟
佐世保公演からの続きです。


その後、佐世保から高速船シークイーン Seaで
二時間半かけ、小値賀島へ向かいました。

小値賀島は、五島列島の北部にある島です。

観光地やリゾート施設を作らず自然と共存。
古民家スティが人気の島です。


フェリーの中では、
基本的には、座席に座るのですが、

じゅうたん敷きのスペースがありましたので、
私達は靴を脱ぎ、その部屋を占領しました。

毛布もありましたので、揺れがきついときは、
休むこともできました。

予想通り、しっかりと揺れました。


途中、日没の時間にあたり、

オレンジ色の大きな夕日が
海の中に沈んで行きました。

本当に美しい光景でした。

みんな、窓にカメラを向けて、
その美しい瞬間を撮っていました。

現在でいう、インスタ映えする風景です。

小西旅館・小値賀町立小値賀小・中学校

小値賀湊ターミナル 写真提供:(一社)長崎県観光連盟
島の港に着いた時は、街灯もなく、
真っ暗でした。

教育委員会の方が迎えに来て下さり、

今夜、宿泊する「小西旅館」に
連れて行っていただきました。

昔ながらのこじんまりした旅館で、
トイレや洗面台は、部屋にはないため、
共同となります。

浴室は、家のお風呂という感じですので、
一人ずつ入る形になりました。

間貸しの部屋の様なつくりです。

夕食は、鯛づくし料理で
美味しかったです。


翌日の小値賀島での公演は、
小値賀町立小値賀小・中学校
での公演でした。

校長室に挨拶に行くと、

小学校と中学校の校長先生がいらして、
少しお話をさせていただいたのですが、

なぜか冷たい対応をされてしまい、
戸惑いましたが、

気にせず、本番に集中をしました。

子供たちは、とても素直で、反応も良く、
会場の皆さんと一体になった公演を
する事ができました。


公演後、再び校長室へ挨拶をしに伺うと、

さっきの態度とは打って変わって、
校長先生や先生方も大喜びでした。

不思議に思い、遠回しにお伺いすると、

前に来た声楽の団体が、
ひどい公演をして行ったらしく、

また、どうせ同じような演奏だろう
と思っていたそうです。

演奏を聴いて、感動し、
素晴らしい団体だと
思って下さったそうです。


前に来た団体は、
どんな演奏をしたのでしょうか???


せっかくですからと、
二人の校長先生が、

フェリーの時間まで
島中を案内して下さいました。

ポットホール・斑島園地

ポットホール 写真提供:(一社)長崎県観光連盟
小値賀島から橋を渡った班島ある

ポットホール
海水で削られた岩が玉石になり、
長年回転し、岩を削り、
岩の中に深く潜っています。

海ギリギリのところに見に行きましたので、
すべって海に落ちるのではないか心配でした。

斑島園地
島の回りに浮かぶ多くの小島を見渡せる
素敵な場所です。

島の中を車で走りましたが、
ほとんど人を見かけませんでした。
牛が放牧されていました。
斑島園地 画像提供元:小値賀町役場

地ノ神島神社

小値賀島に戻り、

地ノ神島神社に校長先生の解説付きで、
連れて行って頂きました。

地ノ神島神社

鳥居の先の海の向こうに見える
野崎島にある沖ノ神嶋神社の鳥居と
対になっているそうです。

絶壁の生い茂った森の中に
鳥居が見えました。

天気も良かったため、とても気持ちも良く、
素敵な時間を過ごす事ができました。
地ノ神島神社 写真提供:(一社)長崎県観光連盟
今回も、フェリーが見えなくなるのまで、
手を振って見送ってくださりました。

感謝しかありません。

素敵な島でした。

機会がありましたら、
是非訪れてみてください。
【ドローン空撮】小値賀町 笛吹・黒島 おぢか地域おこし協力隊より引用
思い出 目次

コメント

コメントする

目次
閉じる