No.22 長崎県 佐世保 そして小値賀島へ バリトン歌手 佐野正一

長崎県 佐世保 そして小値賀島へ

「オペラってなぁに」発声指導場面
「オペラってなぁに」での長崎公演は、

島原半島、佐世保、
五島列島の小値賀島を回ったのですが、

今回は、佐世保での話を書きたい
と思います。

佐世保では、特別支援学校での公演を
必ず一公演行うことになっています。


この「オペラってなぁに」の
プログラムには、

生徒に何人か舞台上に乗ってもらい
発声を指導する場面があるのですが、

その場面が来ると、
先生方が三、四人で車椅子を持ち上げ、

舞台正面から車椅子の生徒を
上げてきました。

車椅子は、とても重そうでしたが、
それを叶えてあげようとする先生方の姿は、
とても印象的で目に焼き付いています。

素晴らしい光景でした。

舞台上の生徒達は、
本当に楽しそうに歌っていましたが、

最後にお花を持って来てくれた子も含め、
舞台上に乗るとみんな嬉しそうでした。
佐世保バーガー 写真提供:(一社)長崎県観光連盟
この日は午前中の公演のみで終了し、
翌日公演する小値賀島への移動となります。

フェリーの出港時間が16:00過ぎという事で
時間がたくさんありましたので、

急遽、佐世保を楽しもうという事となり、
みんなで計画を立てました。


まずは、有名な佐世保バーガーです。


佐世保バーガーには認定制度があるようで、

「長崎県佐世保市で提供されること」

「手作りのバーガーであること」

の条件がそろっているハンバーガーの
総称だそうです。



私達は、BigManという
有名な佐世保バーガーを食べに行きました。

名物のベーコンエッグバーガーと
コーラを注文したのですが、

他のメンバーをふと見ると、
ビールを注文していました。

確かに、今日の仕事は終わりです。
私も慌ててビールを注文しにいきました。

普段は、こんな時間から、
ビールを飲むことはありませんが、
昼食に飲むビールも美味しいですね。

気もゆるみ、完全に旅行気分になりました。


その後、少しほろ酔い加減で、
歩いてすぐの場所にある

蜂の家

という有名なカレー&シュークリーム屋で、

各自、種類の違うシュークリームを
買ったのですが、

何とお店の中のショーケースには、
2kgのシュークリームが並んでいました。

デコレーションケーキの様な
大きなシュークリームでしたが、

きっと、パーティーなどで
食べるのではないかと思われます。
佐世保市街地 写真提供:(一社)長崎県観光連盟
そして、高台にある
日帰り温泉付きのホテルを見つけ、
(ホテル万松楼 弁天の湯、閉館しました。)

屋上の露天風呂から長崎を一望しました。

風呂上がりには、
休憩所でマッサージ機に掛かりながら、
買ってきたシュークリームを食べました。

至福の時間です。

急に立てた計画でしたが、
思い切り自由な時間を満喫しました。


その後、佐世保からフェリーで
小値賀島へと向かいました。


五島列島 小値賀島へ つづく


思い出 目次
展海峰からの九十九島 写真提供:(一社)長崎県観光連盟
コロナ前のHPは、こちら

コメント

コメントする