歌詞がついても歌いやすくなる 歌唱時に於ける子音と母音の扱いについて

目次

歌唱時に於ける子音と母音の扱いについて

子音と母音について


日本語は子音と母音がくっついている
世界でもとても珍しい言語です。

私たちの日本語が珍しい言語なのです。
孤立語とも呼ばれます。

外国語を見ると、
必ず子音と母音があります。

たとえば、

日本語  ら り る れ ろ

欧米語  LA LI LU LE LO

となります。


日本語は、
母音について子音の位置が移動します。

子音と母音の場所が近い状態になり
喉の奥が開き辛くなります。

これが、声を出しにくくしている
原因の一つなのです。


ですから、
外国人のような響きで歌うためには、

外国人の子音と母音の位置を意識して、
歌う必要があります。


良く電車の中で、
大きい声を出していないのに、

遠くから外国人の声が
聞こえてくることがあります。

彼らの言語的な特徴により
良く響くわけです。


それを理解するために、

子音についての特徴

母音についての特徴

子音と母音の分離の仕方

その練習方法などについて、

細かく説明していきたいと思います。


まずは、外国人になったみたいに
発音しながら歌って見て下さい。

自分にはとても変な感じがしますが、
これだけでも、
声はとても出しやすくなるはずです。


実践編 目次へ

子音の位置を考える

子音の位置を考える

子音と母音を意識しながら話すと
子音が、次に来る母音の影響を
受けていることがわかるかと思います。

たとえば、

「ら り る れ ろ」

と言ってみて下さい。

口の中で当たる舌先の子音の位置が
母音の影響を受け、
移動していくのがわかりるはずです。

しかし、この状態で歌うと、
舌根が堅くなり、
声もこもってしまいます。

そこで、外国人の子音の使い方を
テクニックとして使います。

外国語において子音は、

LならLの位置に、
MならMの位置に、

同じ場所に来ます。

子音は、母音の影響をあまり受けずに、
基本的に同じ場所で発音されます。

Lを必ず同じ位置に来るようにして、
LA,LI,LU,LE,LO
を声を出して読んでみて下さい。

ら り る れ ろ

と全然違ってきたことを感じられると思います。

ここが舞台語としての大事なところです。

この使い方をしないと、
喉に力が入りますし、
声も前に出てきません。

そして舞台上で言葉も聞こえてきません。

とても変な感じがすると思います。

しかし、外国語を歌う人は、
特に、このように使わないと
カタカナ外国語になってしまいますし、

日本語を歌う人も、ローマ字に書き換えて、
子音の位置をちょっと意識して歌うと、

声も言葉も両方によい結果が出てきます。

癖になるまでやってもらえると、
きっとワンランクテクニックが
上がると思います。


実践編 目次へ

母音の違いを考える

母音の違いを考える

今回は、母音の特徴を意識してみましょう。

私達が日本語を話しす時、
母音が短く止まってしまっているのを
感じませんか。

試しに言ってみましょう。

ら り る れ ろ

いかがでしょうか。

私達の言葉は、
子音と母音がなかなか分離しないため

母音が動かず、
母音が短く止まったりしてしまいます。

これを母音止めと言います。

歌の場合、
母音がメロディーを作るわけですから、

母音が動かないと言うのは、
とても致命的になってしまいます。

そこで、外国人の母音の特徴を利用します。

外国語においての母音は、
母音を動かしながら言葉を話します。

以下のように、母音を動かすようにして、

LAA,LII,LUU,LEE,LOO

と声を出して読んでみて下さい。

ら り る れ ろ

と全く違うことを感じられると思います。

ただし、

LA−,LI−,LU−,LE−,LO−

の様にはしないで下さい。

これも引き棒という日本人の特徴の一つで、
母音は動きません。

ここが舞台語としての母音の大事なところです。

この使い方をしないと、
歌を歌う時、母音がつながらず、

一語一語に喉に力が入ってしまいますし、
声も前に出てきません。

すぐに喉も痛めてしまいます。

とても変な感じがすると思いますが、
回りを気にせず、外国人になったつもりで、
癖になるまでやってもらえると、

確実にワンランクテクニック上がります。

日本語を話している外国人を想像すると
わかりやすいかもしれません。

次は、舞台語の練習方法について
書きたいと思います。


実践編 目次へ
英語になりますが、
子音と母音の発音を説明している
動画がありました。
※今は、たくさん資料がYou-tubeにあります。

子音について興味がある方は、
美人モデルと発音トレーニング~子音~

母音について興味がある方は、
美人モデルと発音トレーニング~母音~

モデルさんのバイトでしょうか?
美しいですね。

色々な言語を正確に発音するのは、
とても大変ですので、

とりあえず、
日本語の発音位置で歌を歌うと、

歌詞もわからなくなり
声も出しにくくなるため、

その解決方法として、
子音と母音を意識する事が
とても重要だという事を
理解してください。
コロナ前のHPは、こちら

この記事を書いた人

コロナウイルス禍の中、
発声方法を中心にしたサイトを
立ち上げました。

こんな時期ですから、
独学でできる歌の勉強を
してみませんか?

長年の経験を生かし、
全力で応援します。

コメント

コメントする

目次
閉じる