「第九」の合唱練習 7 594小節 ~ 610小節

594小節 ~ 610小節

ここから、新しい曲想に入ります。
教会音楽のような美しいアンサンブルが
奏でられてきます。


ここでの問題点

①男声のユニゾンの個所

②603小節目の女声の入り方

③パートによってずれて出る箇所

④「Welt」の音程

⑤「U」の発音




①男声のユニゾンの個所

この個所は、
堂々とした力強い声を求められますが、

男声にとって見せ場でもあるため、

怒鳴ったり、力んだりしてしまい、
かえって声が飛ばなくなったり、

「E」の音でひっくり返ったりする人が、
出やすい個所です。


「Seid」の「S」と「ei」を分離して、

「s」は、時間をとって、
「ei」の母音をしっかり奏でる感じ、


「sss eeei d」のイメージで、

 歌い始めると良いかと思います。


「Millionen」ですが、

「Milli」高い「ミ」の音は、
バスにとっては、声の変わり目で、

しっかり支えて歌わないと
音程が下がります。


「i」の発音は、丸いイメージを持った方が
声にも音楽にも良いと思います。


「ll」は、二重子音です。
歯の裏に舌の先を付ける時間を長めにとると
二重子音に聴こえます。


「onen」の下がってくる音も、
支えが抜けやすいため、

ポルタメントがついたり、
音程が悪くなります。

気を抜かず、最後までしっかり支えましょう。


スタッカートが付いている箇所は、
どこに付いているかをしっかり把握して、
練習をする必要があります。


「Diesen」の「ド」の音も、
少し頭声を混ぜないと低く聴こえます。


「ganzen」高い「ミ」の音も、
バスにとっては、声の変わり目で、

しっかり支えて歌わないと
音程が下がります。

「a、e」の発音も、
丸い母音のイメージを持ちましょう。


文のフレーズも大事にしたい場所ですから、

上手にカンニングブレスをしながら、
丁寧に練習をして、作り上げてください。


お客さんも期待している場所です。
しっかりさらって、仕上げましょう。


②603小節目の女声の入り方

男声の「Welt」を聴いて入ると、
ずり上げて音程を取ることが多くなり、
音程がきれいになりません。

男声の「Welt」は、
音程が低くなりがちですから、

男声の「Welt」を聴くのではなく、
オーケストラの音を聴いて入ると、
音程がよくなります。


また、ソプラノの「ソ」の音は、
声の変わり目の音ですから、

解放された音を出そうとすると
不安定になります。

しっかり支えて、我慢をしながら出せると
良い声の場所が見つかってきます。


他の個所にも出てきますが、
ソプラノの「ソ」の音は、

発声的にも難易度がとても高いです。
取り出して、丁寧に練習をしましょう。


③パートによってずれて出る箇所

603小節の「Seid」

604、605小節の「Millionen」の「Mi」 606,607小節の「Diesen」の「Die」

特にAltは、「sf」が付いているつもりで
しっかりと意識して入りましょう。
608の小節「der」 このずれをしっかりと意識して歌うと、 音楽的になってきます。 ④「Welt」の音程 「Welt」の「レ」の音は、 音程を下から取ったり 「W」の子音を乱暴に扱ったりすると、 必ずといっていい程、音程が下がります。 息の道を確認しながら練習して、 いつでも音程に届くようにしましょう。 ⑤「U」の発音 「Umschlungen」ゃ「Kuss」の「U」は、 深い単音の「U」です。 浅い声にならないようにしましょう。
■ここでの問題点へ戻る


「第九」の合唱練習 8 へ


「第九」の合唱練習 目次へ
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コロナウイルス禍の中、
発声方法を中心にしたサイトを
立ち上げました。

こんな時期ですから、
独学でできる歌の勉強を
してみませんか?

長年の経験を生かし、
全力で応援します。

コメント

コメントする