No.3 顎を動かして歌う練習 顎の力を取るトレーニング

目次

No.3 顎を動かして歌う練習

顎の力を取るトレーニング

No.3 顎を動かして歌う練習

効能
 
顎の力が抜けてくる
お腹に支えの感覚が付いてくる。
 
方法

まずは声を出さずに、
単純に顎をゆっくり左右に動かします。

そして動かしながら、
アやオの母音で発声をしてみて下さい。

息は、動かしている顎の
後ろ側を通過する感覚です。

解説

骨に声を響かせる一つの要素として、
顎の力を抜くと効果があるのですが、
これもその一つの訓練方法です。

良く留学から帰ってきた人が、
顎を左右に動かす体操をしています。

私もイタリア人から、
この練習方法を習ったことがあります。

教えてくれたイタリア人は、
顔を振ると顎が軽く揺れるくらい
柔らかかったです。

喉の奥を息が通っていくイメージで、
顎をゆっくり左右に動かしながら、
声を出していくと、

顎で支えていた分が
お腹にかかってきます。

顎の力を抜くことが
歌の第一歩だと思いますので、
この練習はとても有効だと思います。

ただ、あまりに急激に動かすと、
筋肉を痛めますので、
ゆっくり柔らかく、
気長に練習をして下さい。
No.4 地声と裏声交互に歌うへ

基礎編 10の発声方法 目次へ

コロナ前のHPは、こちら

この記事を書いた人

コロナウイルス禍の中、
発声方法を中心にしたサイトを
立ち上げました。

こんな時期ですから、
独学でできる歌の勉強を
してみませんか?

長年の経験を生かし、
全力で応援します。

コメント

コメントする

目次
閉じる