No.2 THの練習 舌根の力を取るトレーニング 

目次

No.2 THの練習

舌根の力を取るトレーニング

No.2 THの練習

効能

喉から余分な力が抜ける。
お腹に支えの感覚が付いてくる。
声がきれいになってくる。

方法

Zの練習の応用編です。

thの練習を試してみて下さい。

Zのかわりに英語のth(舌を歯で噛んで
ズーと発音するやつです)を使って
Zと同じようにやってみてください。

喉が堅い人には、
この方がより効果的かもしれません。

ただ舌根の堅い人は
舌が奥へ引っ込みたくなってしまうので、

歯で舌を強く噛み、
舌が奥に行かないようにしてみて下さい。

そして、Zもthのどちらの練習も
顔への振動を感じて下さい。

振動する場所を色々移していくと
堅い場所のほぐれ方が早いのと、
振動に敏感になっていきます。

解説

thの練習はZの練習を教えていて、
うまくできない方もいましたので、
そのような人のために考えてみました。

喉が堅い人には、
この方がより効果的かもしれません。

ただ人によって相性があるみたいです。
Zの方がよい人もいます。

どちらも試してみて下さい。

音は堅いものに響く習性があり、

声帯でつくられた振動は、
頭蓋骨や胸郭にたくさん響きます。

しかし、
顎や舌根、筋肉などを
固めてしまうと、

身体の中での堅い場所である
骨を中心に響くはずが、

この他の場所に吸収され、
響きが減ってしまいます。

その為、
顎や舌根の堅さを取ることや、
身体に振動を感じることが

大変重要になってくるのです。 
No.3 顎を動かして歌う練習

基礎編 10の発声方法 目次へ

コロナ前のHPは、こちら

この記事を書いた人

コロナウイルス禍の中、
発声方法を中心にしたサイトを
立ち上げました。

こんな時期ですから、
独学でできる歌の勉強を
してみませんか?

長年の経験を生かし、
全力で応援します。

コメント

コメントする

目次
閉じる